家庭用エレベーターを設置する場合に気を付けること。 ○1

最近、新築の家で富裕層の家庭を中心にホームエレベーターを設置する世帯が増えてきています。とくに、高齢者や体の不自由な人が住む世帯で導入されています。3階以上の建物で多くみられますが、高齢となり階段を上がることが困難となった人が、リフォームを検討する際にエレベーターを付けるという世帯も多いです。ホームエレベーターは鉄筋コンクリート構造、鉄骨構造、木造住宅とあらゆるタイプの住宅に設置が可能です。一般的に多く使われるエレベーターはロープで吊り上げるタイプのものが多く、「カゴ」と言われるエレベータールームの下に滑車が取り付けられ、ワイヤーロープを通してロープの巻き上げ機とおもりの上げ下げで、上昇と降下を繰り返す仕組みのものが多かったのですが、最近の住宅では油圧シリンダーを使った油圧式のものが増えてきています。

売掛金回収

歯科ホームページ制作

整体 京都

オールインワン化粧品

下関市 整骨院